今(2023年8月)福岡で一番新しいホテル【ザ・ロイヤルパーク キャンバス】の朝食は選択が難しい

2023年8月4日にオープンしたばかりのザ ロイヤルパーク キャンバス。
ホテル&館内体験編に続き朝食編です。

朝食はセットメニューor ブッフェ

朝食は2階レストランでブッフェもしくは2階ラウンジでセットメニュー。
今回私はブッフェにしたのですが、正直これどっちにするかめちゃくちゃ悩みます。
ラウンジの海鮮丼美味しそう。しかもラウンジだと6:30~15:00まで可。チェックアウト後にブランチとしても食べてもいいのです。デザートもブッフェスタイルで品数豊富。ワインやビールも1杯飲めます。
朝食付きだとキャンバスコインというワンドリンクコインをもらえるのですが、ここでも使用可。2杯目はこのコインで支払えるので実質2杯まで飲めます。
※キャンバスコインはバーやチェックアウト後のラウンジでのコーヒーなどでも使える超絶ありがたいワンドリンクコインです。

↓ラウンジのセットメニュー

ラウンジ朝食のメニュー

↓ラウンジはコンセントもあるのでお仕事しながら、のんびり朝食もありですね。

ブッフェはおしゃれ感満載の薪焼きの朝ごはん。

ブッフェはメインとサブメニューが選べるタイプの。福岡の飲食界では有名な《小野グループ》のレストラン。ちなみに博多駅近くのロイヤルパークも《小野グループ》の中華レストランが入っています。

こちらのレストランのウリは薪焼き。普通に焼くより薪のほうが美味しいような気がします。
席につくとまずメインとサブを注文して、できあがるまでの間にブッフェでいろいろ取ってくるスタイル。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20230924-2.jpg


メインは真鯛の薪焼き OR 糸島豚肩ロースの薪焼きからチョイス。タブナードソースもデクリネゾンもさっぱり意味は分からないので魚にしてみました。分かる人、何割ぐらいいるのかなあ。
みんな、朝から豚肉は重くないのかしら・・・。ランチなら豚にするのになぁ。味はもちろん美味しいです。

ブッフェのラインナップを全く見ないでメインを選ぶことになるので、「ブッフェを一周してから決めていいですか」と言う勇気も必要かもです。

メニュー写真でみるよりも実物は小さめサイズなので、豚肉でもオッケーな気がします。

サブメニューはまた意味不明のシャクシューカが登場しますが他は私でも分かるラインナップです。ここはスモークサーモンのスクランブルエッグを選択。

ブッフェは和・洋悩んで結果、食べ過ぎます

メインとサブが洋食おかずなので、ここは洋食系で。と思ったのですが、「お茶は八女茶」「ごはんがお釜に入ってて美味しそう」「玉子かけごはん用の卵もいい卵じゃん~」「明太子もある」と和気分が盛り上がりました。しかし、ぐるぐるブッフェ台を回っていると
「サラダ系はやっぱり洋寄りだな」「パスタは自分で仕上げてボロネーゼかペペロンチーノにできるの!」「え?ドライフルーツめっちゃいっぱいある!」となりました。
結果、食べたいものをちょっとずつでに落ち着くことに。
デザートもパウンドケーキやらシフォンケーキやら白ごまのブランマンジェやらあるのですが、お腹いっぱいで辿り着かず。。。
ブッフェは本当に難しい。

このレストランはランチもディナーもできます。カジュアルレストランなので、普段使いに良さそうですがディナーは予約がベターな模様。

というわけで2023年8月にオープンしたロイヤルパークキャンバス福岡中洲の朝食レポでした。お茶系は充実しているのですが、普通の紅茶がなかったのがマイナスポイントといえばマイナスポイントかもですね。

次回はラウンジセットメニューで食べたいです!!!!!!

客室編を読む →
大浴場編を読む →

楽天トラベルで予約 >>
じゃらんで予約 >>
YAHOO!で予約>>

関連記事

  1. 西鉄ホテルクルーム博多祇園櫛田神社前

    2023年4月オープン 西鉄ホテル クルーム博多祇園櫛田神社前宿泊レポ

  2. ガーデンテラス福岡朝食&客室編

    オールインクルーシブで贅沢時間 ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート  宿泊レポート 客室編

  3. ヒルトン福岡シーホーク 外観 ライトアップ

    福岡を感じるリゾートホテル 【ヒルトン福岡シーホーク】宿泊レポ vol.1 客室編

  4. ホテル イル・パラッツォ

    日本初のデザインホテル ホテル イル・パラッツォが生まれ変わりすぎてる件

  5. ペットと泊まれるグランピング 福岡・那珂川の ”グランピング五感”レポート2.食事編

    福岡・那珂川の ”グランピング五感”のBBQは・・・ レポート2.お食事編

  6. ルイガンズ 客室編

    ザ・ルイガンズ スパ アンド リゾート福岡宿泊体験レポート 客室編