泊まって分かった!私がグランピングに向いていなかった理由(グランドーム福岡ふくつ宿泊レポ)

グランドーム福岡 ふくつ 

2021年の秋、福岡市内からほど近い福津にできたグランドームふくつにペットを連れて泊まりにいきました。
宿泊したお部屋:≪犬同伴可能≫スタンダードドッグ
宿泊費  35,750円 × 2人 = 71,500円 スタンダードBBQと朝食付
流行ってるし、福岡市内から近いし、ペットも泊まれるし、と何も考えずに行ったのですが実感しました。

私、グランピングに不向きな人でした。

面倒くさがりでケチなんです。え?面倒くさっ!と思うことがあるたびに

「キャンプと比べたらものすごく快適なんだから文句言うな」という私と
「35,000円払ったら福岡市内のそこそこいいホテルでそこそこの食事食べられて、快適に過ごせるのに」
というケチ臭い感情が入り乱れまくりました。

グランピングで?となったこと

その1 ドームとキッチン棟の行き来
他のグランピングは分かりませんがグランドームふくつはドームとキッチン棟が別になっていました。なんとなく想像するグランピングって、あのドームのことですよね?あれは大きなテントみたいなものです。
ドームはワンルームの寝室兼リビング。キッチン棟にキッチンと浴室、トイレ。 
どちらもエアコンありで快適です。

が、このドームとキッチン棟が微妙に離れているのです。
1~2メートル。このわずかな距離が意外に負担
雨の日や寒い日は一度外にでてトイレ行くのが非常に面倒くさい。
ドームのドア開けて、靴はいて、傘さして、傘閉じて、キッチン棟のドア開けて、靴脱いで、トイレ。面倒くさい。

その2 料理
料理の素材はとても豪華で美味しかったです。
自分でこの素材をそろえるのは大変だし、下準備済みなのであとは焼くだけです!
が、ここが落とし穴でした。

せっかくのいい素材を美味しく食べようとしたら、ずっとつきっきりにならないといけません。焼き加減みながら食べるので、全然落ち着きませんでした。
人数が多ければ問題ないんでしょうけど、二人だと常にどちらかが立っている状態です。
そもそもBBQは大勢でやるからこそ楽しいものです。

その3 後片付け
使った調理器具を洗ったり、片付けが面倒くさい。
普通のキャンプだったら当たり前のことですが、35000円も払っているのに・・・。なんで自分で後片付けを。。。という気分になりました。

その4 朝はゆっくり眠りたい
朝食の鯛茶漬け、土鍋で炊いた炊き立てご飯にたっぷりの鯛!これもすごくおいしかったです。
その朝食セットを朝7時にスタッフの方が持ってきてくれるのですが、正直もうちょっと寝たい。多分、魚の鮮度とか色々事情があるのだと思います。が、旅先ではゆっくり寝たい
私は目覚ましをかけ間違えて、スタッフの方のピンポンで起きたため、ボサボサで部屋着のままで朝食セットを受け取る羽目に。。。

その5 視線が気になる
ドームはカーテンを閉じない限りは基本的に外から丸見えです。わざわざ見る人もいないでしょうけど、なんか気になります。
(目の前が海のお部屋は他人から見えないと思います)

その6 キッチン棟の掘っ建て小屋感
キッチン棟にはガスグリルもあり、エアコンもあります。
お風呂は雰囲気のある坪庭付きのステキな陶器風呂
ドライヤーもいいやつ、シャンプーもサロン専売品です。すばらしい!豪華です。

しかし、建物が「木を組み立てただけの建物」なので、すきま風がすごい。朝、起きたらキッチンには隙間から吹き込んだであろう松の葉がいっぱい落ちてました。なんだかこういう豪華なんだか、簡易的なんだか分からない部分が多くて、感情が忙しいのです。

だから、私はグランピングに向いてない!

それ相応のお金を払うのではあれば、面倒なことは他人にやってもらいたい豪華というなら豪華に徹して欲しいという私には向いてなかったのです。グランピングはお金を払って体験を買う派の方向けのものだったのです。自分で皿洗いして、さんまんえん。。。朝、7時に起こされてさんまんえん。。掘っ建て小屋にさんまんえん。。。とかいうケチな根性だから心から楽しむことができなかったのです。残念です。心を入れ替えるべきです。

向いていない私ですが、豪華BBQは美味しかったし、ポップコーン作りもできたし、珈琲焙煎体験もできたし、お茶の種類も選べて楽しかったし、キャンプファイヤーもしたし、アイスも食べ放題だったし、楽しかったのは楽しかったのです!
また、行きたいなとも思います。(一人18,000円ぐらいだったら・・・)

関連記事

  1. 2023年11月リブランドオープン ヒルトップリゾート 福岡(旧アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ)宿泊レポ

  2. ホテル イル・パラッツォ

    日本初のデザインホテル ホテル イル・パラッツォが生まれ変わりすぎてる件

  3. ヒルトン福岡シーホーク 外観 ライトアップ

    福岡を感じるリゾートホテル 【ヒルトン福岡シーホーク】宿泊レポ vol.1 客室編

  4. ルイガンズ 大浴場・館内編

    ザ・ルイガンズ スパ アンド リゾート福岡宿泊体験レポート 施設編

  5. ロイヤルパークキャンバス福岡中洲大浴場

    今(2023年8月)福岡で一番新しいホテル【ザ ロイヤルパーク キャンバス】の大浴場を満喫するには?

  6. ウィズザスタイル 宿泊レポート

    WITH THE STYLE FUKUOKA|ウィズザスタイルフクオカ 意外とカジュアル! 22時間があっという間に過ぎる♪アーバンリゾート